広大な池のほとりでカモ、トキ、キジなどとふれあう
中庭池
四方をガラスハウスに囲まれた中庭に、中庭池と呼ばれている広大な池があります。
池の上空にはネットが張られ、様々な種類の鳥が放し飼いにされています。池とガラスハウスの壁の間は庇付きの
回廊になっており、回廊の上には庇がついており、雨の日でも濡れずに鳥とのふれあいが楽しめます。



池ではマガモ・コブハクチョウ・コクチョウなどが泳いでいます。
水鳥だけでなく、クロエリセイタカシギ・キンケイなどがのびのびと回廊を歩いています。


1カップ100円で、鳥や鯉にごはんをあげることがができます。

とても大食漢ですごい勢いでごはんを食べるマガモ(オス)
元気に通路と池を歩いています

飛べる鳥としては2番目に重たい鳥コブハクチョウ
最大16kgほどになります

黒い羽と鮮やかな赤いクチバシが美しいコクチョウ
オーストラリアに生息する白鳥の仲間です

大きな声でごはんを催促するアカツクシガモ
(画面中央クリックで動画が見れます)

色とりどりの羽を持つ中国のキジ、キンケイ(オス)

色ちがいで、全身が黄色のオウゴンキンケイもいます

10年の5月に松江フォーゲルパークから神戸に
引っ越してきたツクシガモ。オスメス1羽ずついます

赤、黒、白のコントラストが美しいハッカン
一夫多妻の繁殖形式を持つといわれます

すらりと長い脚のクロエリセイタカシギ
チドリの仲間で水田や干潟などでご飯を探します

 池の中央には島があり、ショウジョウトキ・カンムリヅルなどが思い思いに羽を休めています。

■カモと鯉の夕ごはん係体験


毎日夕方に”カモと鯉の夕ごはん係体験”を実施しております。この日最後のごはんやりを体験できるコーナーです。
テレビでも紹介された、水鳥と鯉たちが入り乱れての迫力の食事をご体験ください。お一人様100円。

鳥たちに混じって、色とりどりの鯉たちも泳いでいます。

その様子の動画。(中央矢印をクリックでスタート)

トップへ戻る

トップページ神戸花鳥園のご案内(料金・交通アクセス・営業時間)公式ブログ神戸花鳥園Twitter神戸花鳥園Facebook
花いっぱいの南ロビーバードショー熱帯性スイレン池オオハシとのふれあいオウムとインコ水鳥たち
花園コンサートの北ロビーペンギンとおしどり長屋門


神戸花鳥園 〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9
TEL:078-302-8899 FAX:078-302-8222

E-mail:
kobe-info@kamoltd.co.jp