てまりてまり
 

テマリ状の八重咲でかわいらしい丸弁。一輪の花は小型だが、ひとつづつの花が八重咲になっていて、近くで見るととても可愛らしく見飽きない。作出当初は「花手鞠」と命名したが、後に事情により「てまりてまり」と改名した。

木はガクアジサイタイプで枝葉とも山アジサイ系と比べ大型。やや樹形がまとまりにくいタイプなので、地植えではなるべく日当たりの良いところに植え付けたほうが良い。


咲き始めの花

アルカリ土壌によりピンクに咲いた株